Amazonを勝ち抜く書籍たち
日本一の規模を誇るオンライン書店のAmazon。そのAmazonで見事トップセラーを獲得した書籍達をオススメコメントと共にご紹介!

送料無料!!

楽天ブックスなら
送料無料!!



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



最新記事



月別アーカイブ



カテゴリ



RSSリンクの表示



QRコード

QRコード



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


誰とでも 15分以上 会話がとぎれない!話し方 66のルール |野口 敏

誰とでも 15分以上 会話がとぎれない!話し方 66のルール誰とでも 15分以上 会話がとぎれない!話し方 66のルール
野口 敏
すばる舎 刊
発売日 2009-07-21




心の会話を楽しみたくなりました 2010-03-01
 楽しい内容で数時間で読めてしまい
66個もルールがあったのかと思えるほどです。

 全体的な構成に若干まとまりがないためか、
私には振り返るのが難しかったです。
一言で内容を説明するなら「心の会話を楽しむ」
ということなのでしょう。

 ここで学んだテクニックを実践していきたいと
思えるほど感銘できました。

対人コンプレックスを消すためには 2010-02-23
「話上手は聞き上手」

分かってはいるけど、なかなかできないこの真理を具体的な方法を紹介しながら
説明する本著。筆者は話し方教室・セミナーなどで活躍されているようだが、この本を読んだ後には、
実践を試したくて、思わず参加したくなること、請け合いである。

しかし、重要なことを言い忘れている気がする。

このような本は、そもそも自分のバーバルなコミュニケーション能力にコンプレックスを持つ方が手に取られることが多いのだろう。

あまりに「相手の話を聞こう、尊重しよう」に気を回し過ぎると、相手にそれが見え透いて、気の遣い合いになる。
相手に話を合わせ過ぎるというのは、それはそれでアイデンティティが無い人と捉えられる場合もある。

結局、そういう会話の技巧を「楽しめる」ような性格でないと、いつまでもコンプレックスは消えないし、辛さが募るばかりだ。

本当にコミュニケーション能力を高めたいなら、「人が好きか嫌いか」基本的な人に対する姿勢を、
こういう本を読む前に考えていく必要がある。


さらに詳しいAmazon書籍情報はコチラ≫
スポンサーサイト

テーマ:ブックレビュー - ジャンル:小説・文学


人を動かす 新装版 |デール カーネギー /Dale Carnegie /山口 博

人を動かす 新装版人を動かす 新装版
デール カーネギー /Dale Carnegie /山口 博
創元社 刊
発売日 1999-10-31




枕元に置いておきたい一冊です。 2010-02-04
人は誰でも、自分の事ばかり考えている。

ハイチで20万人を超える人が亡くなったとしても、自分はさて、今日の髪型が気に入らないという事で一日憂鬱になっていたりするものだ。

人の身になって考えてみる事ができれば、自分にシアワセを呼び寄せる一番の早道になる。

★心からほめる
★いつも笑顔でいる
★相手に関心を持ち敬意を払う

それは、家族友人関係、仕事関係あらゆる人間関係にあてはまる。

枕元に置いておきたい一冊です。

すべてのリーダーに、人類に! 2010-02-03
人を動かすのタイトルどうり
すべてのリーダー必読!

まさに世界に冠たる人類の遺産です。

コレで私の会社は変わりました。

カーネギー氏に感謝!


さらに詳しいAmazon書籍情報はコチラ≫

テーマ:ブックレビュー - ジャンル:小説・文学


催眠恋愛術 ―女心を誘導する禁断のテクニック |林 貞年

催眠恋愛術 ―女心を誘導する禁断のテクニック催眠恋愛術 ―女心を誘導する禁断のテクニック
林 貞年
現代書林 刊
発売日 2009-11-13




恋愛マスターへの第一歩 2010-01-13
この著者の本をこちらのレビューを見て買ったのですが、今まで無意識にしてた事がきちんと理由づけしてあり、改めて心理学とは不思議なものだと感心しました。
好きな人とかできたらこれを応用するかしないかでは多少相手の反応も変わってくるかと思います(^-^)/

林氏のベスト書物 2010-01-03
林氏の著物は全て所持していますが、この本は間違いなく、過去最大級の名著であると太鼓判をおしたいと思います。

内容はさることながら、デザインと文体も非常に読みやすかったところがポイント高しです。皆さんも是非、手にとって読まれては如何でしょうか?


さらに詳しいAmazon書籍情報はコチラ≫

テーマ:ブックレビュー - ジャンル:小説・文学




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。