FC2ブログ
Amazonを勝ち抜く書籍たち
日本一の規模を誇るオンライン書店のAmazon。そのAmazonで見事トップセラーを獲得した書籍達をオススメコメントと共にご紹介!

送料無料!!

楽天ブックスなら
送料無料!!



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



最新記事



月別アーカイブ



カテゴリ



RSSリンクの表示



QRコード

QRコード



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


更衣ノ鷹(上)ー居眠り磐音江戸双紙(31) (双葉文庫 さ 19-35) |佐伯泰英

更衣ノ鷹(上)ー居眠り磐音江戸双紙(31) (双葉文庫 さ 19-35)更衣ノ鷹(上)ー居眠り磐音江戸双紙(31) (双葉文庫 さ 19-35)
佐伯泰英
双葉社 刊
発売日 2010-01-07




ついに!! 2010-01-13
いつ来るかと思っていた展開がついに来てしまった感があります。徳川家基を登場させて、磐音をその忠臣にした段階で予測できました。しかし、思っていた以上の徹底的な厳しい方向転換が読者に衝撃を与えます。当然、作者は当初からこの展開を頭においていたのでしょうが、ここまで徹するとは、さすがに佐伯泰英です。以後、第2部で、きっと磐音の新しい活躍が描かれるでしょうから、それが楽しみです。それにしても、あの人を退場させてしまう必然があるのか。磐音シリーズは、一見、のどかな暢気そうな時代小説ですが、実は死に結びつく流血があっさりとえがかれ、磐音のさわやかな人柄が、生臭さをうちけしていますが、設定そのものは、残酷です。そのシリーズのうわべをはぎ取って、ストーリーの底流を浮かび上がらせた巻でしょうか。勝手な感想を書きましたが、磐音シリーズ復活の巻でしょう。

こんなことになろうとは。 2010-01-09
 こんなことになろうとは。こんな結果が待ち構えていたとは。
読み終えて愕然とした。衝撃が大きすぎて、涙もでない。

 坂崎磐根シリーズはこの作家の作品の中では「お気楽な」時代劇であったと思う。
私自身、それを楽しんでいた感がある。ところが、この巻でそんな感じはぶっ飛んだ。
しかし、次が待ち遠しい。すでに続きが読みたくて仕方がないのである。


さらに詳しいAmazon書籍情報はコチラ≫

テーマ:ブックレビュー - ジャンル:小説・文学




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。