FC2ブログ
Amazonを勝ち抜く書籍たち
日本一の規模を誇るオンライン書店のAmazon。そのAmazonで見事トップセラーを獲得した書籍達をオススメコメントと共にご紹介!

送料無料!!

楽天ブックスなら
送料無料!!



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



最新記事



月別アーカイブ



カテゴリ



RSSリンクの表示



QRコード

QRコード



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


脳に悪い7つの習慣 (幻冬舎新書 は 5-1) |林 成之

脳に悪い7つの習慣 (幻冬舎新書 は 5-1)脳に悪い7つの習慣 (幻冬舎新書 は 5-1)
林 成之
幻冬舎 刊
発売日 2009-09-30




読みやすくてタメになる 2009-10-26
店頭で何気なく手にした一冊でしたが思いのほか良かったです。
タイトルは「悪い習慣」なのですが、裏を返せば「良い習慣」について語っています。
巻末には自己評価チャートが掲げられており、自己の弱点の克服/脳の効果的な使い方
に実践的にアプローチできるよう配慮されております。
加えて、7つの章の構成は、脳の情報処理のプロセスに準じており、
1章から順を追って習慣化を果たすことで理想的な方向に向かえるよう
心にくい構成になっております。
実際、自分でも自己評価を行ってみましたが、1,2,5章部分はクリアできているものの、6、7章部分には大きく課題があることが認識できました。
(各章の詳細は実際の書をとってご覧ください)
目的を目標までブレークダウンすることで、目的が達成されるという本書の主張を、
直ぐにでも実践していこうという気持ちになりました。
本書との出会いを感謝したい気分です。

幸せになるための脳の習慣 2009-10-25
少し変わったタイトルですが、中身はいたって普通です。
この本で書かれている数々のアドバイスは、内容的には他の本にも書いてあるものが多いと思いますが、そのアドバイスの根拠について、脳の仕組み、働きから順序だって説明されていますので、説得力があります。
この本には、最後の方に、「脳に悪い習慣をどれだけ克服できたか」というチェックシートがついていますが、私は、特に、「グチを言わない」、「表情を豊かにし、笑顔をつくっている」、「後ろ向きな考えを持たない」、「物事を達成するときは一気にやりきる」、「正しい姿勢を保つ」というところに注意しようと思いました。


さらに詳しいAmazon書籍情報はコチラ≫

テーマ:ブックレビュー - ジャンル:小説・文学




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。