FC2ブログ
Amazonを勝ち抜く書籍たち
日本一の規模を誇るオンライン書店のAmazon。そのAmazonで見事トップセラーを獲得した書籍達をオススメコメントと共にご紹介!

送料無料!!

楽天ブックスなら
送料無料!!



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



最新記事



月別アーカイブ



カテゴリ



RSSリンクの表示



QRコード

QRコード



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カッコウの卵は誰のもの |東野 圭吾

カッコウの卵は誰のものカッコウの卵は誰のもの
東野 圭吾
光文社 刊
発売日 2010-01-20




容疑者Xの献身のような 2010-02-08
タイトルからは想像もつかないような内容に
夢中で読んでしまいました。
要所、要所に伏線が盛り込まれていて、まるで
「容疑者Xの献身」のような作りでした。
後に映画化?したらまた面白そうだなと思いました。

血のつながりってなんでしょう 2010-02-04
カッコウは、ほかの鳥の巣に卵を産み育ててもらう。これを託卵という。
さて、この卵が孵ったとき、親は誰でしょう?カッコウ?卵を温めたほかの鳥?

愛をもって子どもを育てているとき、その子が実子じゃないと知ったら、貴方はどうしますか。実子、実子でないが愛して育てた子の絆はどっちが強いの?
賛否両論でしょうが、親と子の絆、その生活歴の深さでもって愛がある、そんなことを感じる作品です。


さらに詳しいAmazon書籍情報はコチラ≫

テーマ:ブックレビュー - ジャンル:小説・文学




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。