FC2ブログ
Amazonを勝ち抜く書籍たち
日本一の規模を誇るオンライン書店のAmazon。そのAmazonで見事トップセラーを獲得した書籍達をオススメコメントと共にご紹介!

送料無料!!

楽天ブックスなら
送料無料!!



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



最新記事



月別アーカイブ



カテゴリ



RSSリンクの表示



QRコード

QRコード



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


坂の上の雲〈8〉 (文春文庫) |司馬 遼太郎

坂の上の雲〈8〉 (文春文庫)坂の上の雲〈8〉 (文春文庫)
司馬 遼太郎
文藝春秋 刊
発売日 1999-02




図書館のすぐれちゃんの母校も映像に! 2009-11-30
英語教師である高橋是清を西田敏行が演じるシーンで安積歴史博物館が映像に!
本を読んで映像を見るか?
映像を見て本を読むか?
あなた次第!


坂の上の雲は、はるかに 2009-10-26
この文春文庫版全八冊を短期間で読破したのはもう三十年近く前だ。これが私の実質的司馬遼初体験だった。
それ以前、「国盗り物語」を手にしたことはあったが、なんともつまらなくて結局読み切れなかった。
短いセンテンス、改行の多さ、さっぱりし過ぎた文体といった司馬のスタイルに馴染めなかったこともあった。

それが「坂の上」ではページをめくるのももどかしい、といった熱中ぶりで全巻読み終えた。
「国盗り」から「坂の上」までは何年かあり、私の身にも様々な変化があったからだろう。

それから司馬作品をかなり集中的に読んだ。
その後司馬離れの時期があり、さらに司馬他界を機に「街道をゆく」だけ十冊ほど読んだ。
現在の私にとって司馬文学は過去のものとなった。

世界観、歴史観といった点で大きくかけ離れしまったのだ。
客観的にみても今は司馬の限界や物足りなさを少なからず感ずる。

だからといって彼の諸作品が価値が低いなどと傲慢なことはとても言えない。
私を歴史の世界へ導いてくれた良き水先案内人であったことに変わりはない。

司馬遼太郎が果たした使命もそういうことであったのだろう。
なかでも「坂の上の雲」は長く読み継がれるに値する作品である。


さらに詳しいAmazon書籍情報はコチラ≫


テーマ:ブックレビュー - ジャンル:小説・文学




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。