FC2ブログ
Amazonを勝ち抜く書籍たち
日本一の規模を誇るオンライン書店のAmazon。そのAmazonで見事トップセラーを獲得した書籍達をオススメコメントと共にご紹介!

送料無料!!

楽天ブックスなら
送料無料!!



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



最新記事



月別アーカイブ



カテゴリ



RSSリンクの表示



QRコード

QRコード



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Twitter社会論 ~新たなリアルタイム・ウェブの潮流 (新書y) |津田 大介

Twitter社会論 ~新たなリアルタイム・ウェブの潮流 (新書y)Twitter社会論 ~新たなリアルタイム・ウェブの潮流 (新書y)
津田 大介
洋泉社 刊
発売日 2009-11-06




新しいビジネスの可能性が見えるかも・・・? 2009-12-13
 誰かがつぶやいたのか、口コミで広がったのかはわかりませんが、この本はインターネットが仕事に影響している人に聞くと、多くの人が知っているようです。
 この本では、APIが利用できるなどのTWITTERの「オープン性」にも着目しており、さらに拡散の基本である「敷居の低さ」すなわち「ゆるさ」にも着目し、TWITTERを取り巻くマクロ環境と、実際の使用感もレポートしています。よくよく読むと、次世代のビジネスの可能性も、見えてくるのではないでしょうか・・・・。

ツイッターの持つ中毒性がどこからきているのか 2009-12-10
仕事上の必要があって、Twitterについてざっと調べるなかで手に取った。
本書の著者はTwitterでコンファレンスの実況中継を創始した津田氏。tsudaる、という言葉になっているそうだ。
はじめは著者自身もTwitterに懐疑的だったそうだが、いまでは日本のTwitterコミュニティを牽引する存在である。だから、なぜTwitterがおもしろいのか、はまる人が増えているのか、という社会学的考察は良く書かれている。
一方で、ビジネスユースについては、いくつかの成功例は紹介されているものの、企業のあり方やビジネスモデルを大きく変えるほどの力は感じない。ジャーナリストや政治家、スポーツ選手、ミュージシャンなどにとっては、つぶやくことで本やCDが売れたり、人気が高まったりというメリットはあるだろうが、一般のビジネスマンが、仕事上のツールとしてTwitterを使うメリットはよくわからなかった。
本書を読む限りでは、Twitterは、ビジネスではなく、個人としての人間存在そのものに強く働きかけるもののようだ。著者の津田氏も、Twitterを始めた頃は2、3分に一回チェックをするようになって仕事がまったくはかどらない状態に陥ってしまったそうだ。

 「ツイッターのヘビーユーザが増えている理由を理解するには、そうしたツイッターの持つ中毒性がどこからきているのか押さえておく必要があるだろう」p43

ということで、筆者の現時点での感想は、Twitterはネットショッピングやネット決済のように社会全体の仕組みを変える有益で素晴らしいもの、というよりも、一部のネットジャンキーのための新手のおもちゃ、もしくは有名人のための自己実現ツール、といった懐疑を拭えない。
とはいえ、Twitterを理解する上でとても参考になる本ではある。


さらに詳しいAmazon書籍情報はコチラ≫

テーマ:ブックレビュー - ジャンル:小説・文学




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。